ネイリストになるにはネイル資格の何級が必要?

 

日本でネイリストとして働くためには必ずしも資格を持っていなければならないというわけではありません。
ただしネイリストとして基礎的な知識や技術を身に付けることは必須で、ネイルサロン等での実務経験に乏しい人にとっては就職にも有利になることは間違いありません。

 

ではどのような資格があるのかというと、一般的なネイリスト検定として「ネイリスト技能検定試験」があります。
1級から3級まであり、試験は学科と実技にわかれています。
もう一つ、最近のジェルネイルの人気を受けて「JNAジェルネイル技能検定試験」という検定もあります。

 

こちらは初級と上級の二つで、同じく学科と実技があります。
どちらの資格も初心者ならばまずは3級(初級)の取得を目指し、次に2級、1級(上級)と上を目指していくとよいでしょう。
ネイルサロンでの就職を希望しているのであれば、2級取得は必要になってくると思います。

 

もちろん独学で学ぶ人もいることにはいますが、もし独学でやっていく自信がない場合などには、スクールを視野に入れてもよいでしょう。
特にまったくの初心者であればなおのこと、きちんとした知識を身に付けるところから始めるためにもスクールで学ぶことが重要です。

私の場合、便利だったのがネイル資格講座資料の一括請求です。
資料請求はもちろん無料ですし、自分が通いたい地域のスクールと、通信講座の資料を同時に取寄せる事ができるので、凄く便利でした。

>>ネイル資格の講座を受講するための資料請求なら?<<